経営に必要な技術 里見推薦の参考書一蘭

人は生まれながらにして「売り込む」ことを宿命づけられています。

赤ちゃんの時は大きな泣き声を出して、ミルクの催促をし、幼稚園くらいになると友達を作る時だって、ある種の駆け引きを自然に使い、自分を売り込み友達を作ります。

商品を販売する時だって、売込みの下手な人と上手い人では、販売の差が歴然となります。セールスパースンとしてのスキルがあるかないかで、会社での立ち位置が決まってきます。

人生(経営)は勉強の連続である!

コンビニ経営支援プロジェクトでも、さんざん言っていることなんですが、医学書を読まない医者はいないし、法律の本を読まない弁護士はいません。

自分の能力、持っている技術によって人を救えるのか、救えないかが決まってくるからです。絶えず、最新の技術を取り入れようとします。

ところが、経営に関していうと、プロとアマの差が歴然としているところは、勉強をしてスキル向上を目指している人ばかりではありません。愚痴ばかり言って同情を買い、なんとか凌いで行ければいいや、と考えている経営者もいるんですね。

或いは、経営が駄目なのは「運」が悪いからだとか、周りの環境が悪いのだとか、何かと周りのせいばかりする人もいます。

私は人生は一生勉強するものだと決めていますが、勉強は学生時代と違って、点数があり成績順がありましたが、社会に出てからは誰も点数をつけてくれないし、成績順を付けてくれるわけではありません。

でも、今のあなたの置かれている状況が、成績なんです。なまけて「学ぶ」ということを忘れてしまっているあなたなんです。楽な方へ楽な方へ、逃げてきた結果が、今のあなたなんです。

ね、スキルを上げるのは、ある日突然天から降ってくるものではないんです。その日を境に幸せになりましたとさ、なんてことは昔話の中だけです。毎日毎日が勝負です。スキルを上げるのは、自ら勉強する以外にないんです。

私が読んで参考になった書籍をご紹介します。本を読むのに一つのヒントなんですが、自転車に乗れない子に、自転車の素晴らしさを教えてもダメです。他の人はどうやって乗りこなしていったのかを話してあげなければなりません。

最初から有名な人の、成功本を読んでも、何の参考になりませんからね。それと時代はスピリテュアルが求められているんですが、精神に頼ってもダメです。「自分を磨くにはどうしたらいいのだろうか?」 ← これ大事。

1番目に読むべき本

これは何を言わんか「コンビニ経営支援プロジェクト」です。14,000円です。普通のありきたりの話ではなく、極限まで考えて利益を上げるためのノウハウです。できれば、利益を上げていただいて、次の更新はしないでいただきたいのが本音です。

広告ページはこちら

2番目に読むべき本

ナポレオンヒルプログラムをご存知ですか?私これ以前に30万円以上出して購入したDVDと教則本です。この本を読む前と、読んでからでは私の考え方は大きく変化しました。

ナポレオンヒルプログラムの簡易版ともいうべき本もあります。絶対参考になります。「売り込み」(セールス)の原点です。人生とはすべてがセールスである。ナポレオンヒルプログラムはシリーズで揃えておきたい本です。スピリテュアル系の本の何万倍もの技術が詰まっています。

3番目に読む本

原田隆史さん筆者は、中学校の教師です。信念の人です。人が荒れている理由、子育てについて、人生の目標の立て方、毎日のルーティンの作り方、夢を実現する方法を、具体的に書き示しています。原田隆史さんの書籍に巡り合って、非常に多くのことが学べました。私は原田さんの本はすべて揃えています。

そしてコンビニの利益向上のためのノウハウは「コンビニ経営支援プロジェクト」

スポンサーリンク