コンビニにおける集客の極意とは?

コンビニにおける集客は、あらゆる企業が客集めに苦労している中、まさにコンビニは不況知らずの集客力を誇っているのがコンビニ業界でR(あ~る)。

コンビニでの集客とは

いまやコンビニの全店売上高は約7兆円、店舗数は全国4万店に達するのでR(あ~る)。一日の来客数は上位10社だけでも延べ3000万人。業界トップのセブンイレブンを例にとれば、およそ国民の10人に1人が毎日買い物をしている計算になるのでR(あ~る)。 (以下あ~るを省く)

コンビニはその集客力を武器に異業種を続々と参入させたのでR。大手玩具メーカーのバンダイは2001年以来、ポケモンなど様々なオモチャを発売。その売上高は二年間で100億円を突破した。最近では一個180円する「機動戦士ガンダム」のフィギュアを発売し、150万個を売り上げる大ヒットを記録しているのでR。

販売力も凄まじいのでR。アサヒビールの「スーパードライ」や「週刊少年マガジン」、「コカ・コーラ」といった商品は、セブンイレブンでの売り上げが日本一を誇っているということでR。どこで買っても同価格・同品質である商品を最も売っているのがコンビニの強みでもRなのだ。

更にコンビニを賛美(さんび:ホメる事)するのでR(あ~る)!

これだけではないのでR。コンビニは商品だけでなく、生活に関わるあらゆるサービスを展開している。例えば電気・水道といった公共料金の払い込みもそうなのでR。いまや日本人の10人中7人がコンビニで支払っているのでR。コンビニはこの公共料金の収納代行だけで年間250億円を稼ぎ出しているのでR。

コンビニの一店舗当たりの平均面積は、どこのコンビニチェーンでも約30坪。そこに約3000種類のアイテムが並ぶのでR。どこのコンビニでも毎週火曜に商品の入れ替えを実施されるが、その度に約200種類の新商品が発売され、同じ数の商品が姿を消すことになるのでR。この厳しいサイクルの中で、年間を通じて生き残る商品は全体の3割にも満たないのでR。

この品揃えに対するこだわりこそが、コンビニ集客力の最大の秘訣なのでR。今は、客は単純に便利だからという理由でコンビニに足を運ぶ時代ではないのでR。買いたい商品がそこにあるから客はその店に向かう時代なのでR。コンビニにも差別化、付加価値を求める時代に突入したのでR。

コンビニの販売力の凄さでR(あ~る)

”コンビニでしか買えない”商品は猛烈な勢いで伸びているのでR。現在大ヒットしている花王の「ヘルシア緑茶」もそのひとつでR。今年三月末までには1億本突破が確実視されているのでR。

セブンイレブンではすでにプライベートブランド商品の比率が50%を上回ったそうなのでR。つまり売り場商品の2つに1つは、セブンイレブンでないと買えない商品なのでR。

圧倒的な商品力や店舗立地の基準の良さだけでなく、コンビニには来店する客を引きとめモノを買わせるノウハウもあるのでR。有名なのは「立ち読み歓迎」の雑誌売り場なのでR。

雑誌売り場を外から見えるガラス越しに配置することで、店内に客が居るように印象付け、外に居る新たな客を取り込む戦略なののは一般的にも知られている話でもRなのだ。

POS(ポスシステム:レジで販売したのがコンピューターによってデータ化される)で得られた売り上げデータや人間工学を応用した「売りの仕掛け」は至る所に活用されているのでR。

商品棚の高さ、商品陳列などの店舗設計を変えるだけで、客の滞在時間をコントロールし誘導することも可能なのでR。このように常に客の行動パターンを高度に研究、売り上げアップの秘策を練っているのがコンビニエンスストアーなのでR。

商品、立地、そしてモノを買わせるノウハウ。これらを駆使しケタ違いの集客力を誇るコンビニの前ではたとえ大メーカーといえども逆らえないのでR。コンビニ側の、品選び、配置一つで売れ行きが大きく左右されるため、メーカー側は販売促進費を使い、自腹を切って値引きを仕掛けなければならないのでR。

飲料メーカーはこの争いが激しく、業界トップのコカ・コーラは販促費に年間40億~50億円使っていると推定されるのでR。

コンビニの集客力はそれほど魅力的なのでR。大手コンビニ各社は再び出店攻勢に打って出る見通しだ。これにより”流通帝国”コンビニの集客力と支配力はさらに強まるに違いないのでR。

60年代に代表されるメーカー優位の時代はすでに過去のものとなり、今ではすっかり流通優位の産業構造社会でなのでR。力関係を逆転させたその張本人は、いまだに膨張、そして進化を続けているのでR。

本当のところどうなの?

上記は週刊ダイアモンドのコンビニの集客記事を参考にしましたが、まあ、書店に売っているコンビニの本も「似たり寄ったり」のヨイショ記事ですね。

もちろんコンビニが小売業を引っ張っているのは認めざるをえないのですけれど、それはあくまでもコンビニ本部に対しての記事であり、個店、加盟店はどうするかということとは、全く見方が違うのでR。

個店の経営者は、その進化した小売店であるコンビニを理解して運営できているのでしょうか?業界1位とマスコミは絶賛していますがセブンイレブンは加盟店経営者の手取りも業界No.1なのでしょうか?

記事の裏に見えるものはなんなのだ廊下。

TV局は実は、各社の広告代でまかなっているわけです。視聴率競争はこの広告代金の争奪戦でもあるわけなのでR。新聞社も全く同じ理論でR。業界No.1の悪口は言えないのでR。私は誰からも広告代は貰っていないからなんでも言えるのでR。


ただ、今回のテーマは集客ですから、これに限っては「本部様良くやってくれていますね感謝します」でいいんじゃ~ないでしょうか。

しかし、これに限っても、本部がムキになってやっているのは自分の会社の生き残りのためでもあるわけでR。みなさんお店のためなんて言っていますが本心は別の思惑に満ち溢れています。

他のお店の集客についても語るのでR!

集客についてまず考えるのが、チラシではないでしょうか。このチラシの値段は、印刷にカラーB4版で1枚だいたい5~10円でR。地域限定で1万枚配るとして5万円~10万円。その他に新聞販売店に1枚3~4円かかるのでR。

合計悪いチラシでも8万円、良い方のチラシにしたら14万円かかってしまうのでR。だいたい営業の世界では「千に三つ」といいまして、1000枚配って効果があるのは3件といわれているのでR。

1万枚で30件広告効果があればベストと考えます。その中で何人の常連さんを作るかが今度は勝負になるのでR。商売の基本は収入を増やし支出を減らすことですので、低コストで販促活動できるのも重要な要素でなのでR。

そこには色々なアイデアを経営者の方は考えなければならないのでR。実は私もこのネットでの集客に苦労しているのでR。この世界ではまだまだ初心者なのでR。

いずれ、私の「検索でページのトップに出す方法」も公開する予定なのでR。
今のところ当サイト「検索」での結果

・「コンビニ経営支援」約196,000件 中第1位~3位まで独占中

・「コンビニ支援」約6,930,000件 第2位~4位まで独占中

・「コンビニ集客」約362,000件 第15位

・「コンビニ収益」約7,720,000件 第7位

・「コンビニ利益」約3,500,000件 第25位

・「コンビニ問題」約17,100,000件 第38位

・ズバリ「コンビニ経営支援プロジェクト」では当然約36,600件中第1位~30位まで検索独占

と、検討しているのでR。

お子様から

「あなたの子供に生まれて来て本当によかった」と言われたい「お父さんの子供に生まれて来て本当に良かった」とおもわれたいですよね。頑張りましょう!私もそれがうれしいのです。

もし、コンビニを初めて歯車が狂ってしまった人は、どんなに本部の担当者に説明しても、それならああしましょう、こうしましょうなどと具体的な解決策を求める方が間違っているのです。なぜなら、本部の担当者にあなたの生活を支える力も責任もないからです。

もし、解決策を探すのなら、弁護士に直接相談するのが最善の方法かと思います。一人で悩まないでください。道は必ず開けるのです。

もう少し何とかすれば、経営利益が上がるとか、後もう300万円ほど年収がアップすれば良いのになと、お考えでしたらコンビニ加盟店オーナーの為のコンビニ経営術「コンビニ経営支援プロジェクト」という電子書籍を一度ご覧ください。

今年収が300万円の人は600万円に!
今年収が400万円の人は700万円に!
今年収が500万円の人は800万円に!

なる方法が書かれています。今すぐ読む

スポンサーリンク