あなたはコンビニで利益を出せるかどうかのチェックリスト

1,コンビニオーナーの条件とは


2,アイデアがなければ経営者は無理


3,ビジネスとは持続する力なり


4,発注の注意点


5,廃棄の出し方


6,値引販売の仕方


7,コンビニを繁盛させる方法

コンビニで儲ける条件とは

「コンビニを経営を選んでしまったのですが、利益が出ません。どうしたらよいのでしょうか?」と質問される方が後を絶ちません。コンビニ経営で儲けるには、楽な方法はありません。多分、商売の一番大切な部分である「集客」については、コンビニ加盟店は何一つ考える必要がありません。

それは、コンビニチェーン本部の毎週の新商品、リニューアル、お買い得商品の品揃え、新サービスなどで、コンビニチェーン同士の生き残り競争の為の演出は凄まじい物があります。加盟店店主は、 こと「集客」に関してはコンビニ本部の販売方法を取り入れてさえすれば、心配することはありません。集客は経営で一番大切で必要なことですが、この大切な事を忘れてしまっている方も多いのです

しかし、一般の個人営業のお店では、この「集客」が一番大切なことなんです。この「集客」ができないために起業して3年以内に7割の個人事業主が商売が続かず廃業に追い込まれています。

コンビニでも一般の商売でも儲かっている人はいるのですね。その人は案外涼しい顔で商売をしているので楽に設けているのかと見る人は勘違いするのです。しかし、どんな商売でも「楽」して儲かる商売などありません。その努力は相当なものです。ここを勘違いしている人が多いのです。わたしの知っているコンビニ店の店主は、睡眠時間3時間で頑張っている人もいるのです。

利益をアップするためには、アイデアだけでは儲けられません儲ける努力が大切になってくるのです。その儲かっている人に聞くと「楽しいから時間がたつのを忘れてしまって、気がつくと10時間以上も店にいることが多いんですよ」と言っていました。

それでもコンビニで利益向上を目指したいのなら

コンビニで儲けるアイデアが浮かばない。どこをどうやって努力したらいいかわからない。そんな方は、このホームページを御覧ください。コンビニエンスストアーでの利益の出し方のヒントが詰まっています。

全国45,000店のコンビニ店があるそうですが、その内の35,000店舗以上の経営者の方が儲かっていないという事実があります。儲かっていないということは、フランチャイズ契約に縛られ、止めるに辞められないオーナーの人が沢山いるということになります。

わたしは、そんな悩めるコンビニオーナー達に「夢と希望を」を与えたいと想い、コンビニ本部が経営指導するやり方ではなく、個人商売店としての視点から、コンビニ経営をお話ししていきたいと考えました。

なぜなら、最近コンビニ経営者の悲惨な事件、事故が非常に多いです。少しでも希望の光をお伝え出来ればと、頑張ってこのホームページを真剣に運営していきます。


また、速攻でコンビニで利益を上げたい方は「コンビニ経営支援プロジェクト」という電子書籍に書いてある通りに実行すると確実に利益アップすることが解説されています。

スポンサーリンク