コンビニ最新ニュース「福島第1原発内にローソンオープン」めでたいのかめでたくないのか?

ようこそ!管理人の里見です。

2016年3月、福島第1原発事故、あれから5年たった。

もう5年かと思うが、まだ5年なのである。

本日コンビニニュースで、福島原発内にコンビニ・ローソンがオープンするという

記事が目に止まった。

福島第1原発でローソンがオープン

産経新聞 3月1日(火)12時26分配信

 廃炉に向けた作業が続く東京電力福島第1原発の敷地内で、コンビニエンスストア「ローソン東電福島大型休憩所店」が1日午前10時、営業を開始した。日曜休業で、午前6時~午後7時まで開業し、作業員に食料品や日用品を提供する。

東電は作業員の労働環境改善のため、コンビニ大手に出店を要請していたが、原発事故から5年を迎えるのを前にローソンが応諾した。

店舗は第1原発正門近くに昨年6月に完成した大型休憩所の中にある。酒類や店内で調理が必要な物は扱わないが、一般的なコンビニと同じ品物を扱う。

福島第1原発敷地内では原子炉建屋付近を除いて、放射線量が大幅に低減しており、普段着で活動できるエリアも増えている。

原発近くのコンビニでは・・・

原発近くのコンビニでは、作業員がコンビニのごみ箱に作業手袋や

作業服、防護マスクなどを捨てていくのが、問題となっていました。

原発近くのファミリーマートより

原発近くのファミリーマートより

「自分がAIDSだとわかっていて、女生と性交渉する」

この事と一緒ですよね。

いくらごみを捨てる場所だからといって、

原発内で作業していたものをコンビニに捨てるのは、明らかにたちの悪い犯罪です。

かつては、20キロ圏内のコンビニはどこもATMが破壊され、

中の金が抜かれている。銀行ATMとあわせると合計7億円もの現金が盗難された。

そうだ。

めでたいニュースなのか、めでたくないニュースなのか。

理解に苦しむ。

求められているからといって出店する方もそうだが、直営とは書いていないが、

オーナー店舗なら、ずいぶん勇気のある無鉄砲なオーナーさんもいるんだな。

わたしなら、絶対にやらないよ。

儲かるとわかっていても、行かないよ。

福島市内のコンビニオーナーさんからも連絡いただいているんですが、

もう完全に福島市内は通常通りだそうです。人も経済も。

スポンサーリンク