長時間バックヤードでパソコンを見つめているオーナーさんブルーライトの危険性

ブルーライトバックヤードでパソコンの画面を食い入るように見つめているオーナーさん店長さんご苦労様です。

パソコンのブルーライトがどのような影響を与えるのか、検証します。

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことです。

ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

★ブルーライト対策に必須の特選アイテムはこちら>>

ブルーライトは一番強い可視光線

テクノロジーの進化は、

パソコン、スマホ、ゲーム機などに普及し、より見やすい、より繊細な画像が、各社競って提供されています。

特にゲームに夢中になるお子さまや、パソコン業務の多い女性の目に、有害光線であるブルーライトが浴びせ続けられています。この記事は、そんなブルーライトのニュースを記事にまとめたコラムです。

可視光線の中で、最も強いエネルギーを持つ光ブルーライト研究会

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。

ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。引用:ブルーライト研究会

ブルーライトは、目は波長が短いため散乱しやすい性質を持っています。これが眩しさやチラつきなどの原因になり、その分、脳はピント合わせに苦労します。

また、

ブルーライトはの光よりもエネルギーが強いため、瞳孔を縮めようとして目の筋肉も酷使され、眼の疲れや肩・首の凝りなどに影響するといわれています。

夢ゴールイメージ・コメント大募集

私たちの目の角膜や水晶体は、およそ350nm~800nmの波長を透過させますが、それより外側の電磁波(光)は透過できません。

つまり、網膜に到達する光の中で、紫外線にもっとも近い強いエネルギーを持つ光が、ブルーライトというわけです。

デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは、眼や身体に大きな負担をかけると言われており、厚生労働省のガイドラインでも「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されています。
約20年前と比較し、省エネ化でLEDが普及したことにより日常生活におけるブルーライトの暴露量が増えています。ブルーライトの放出量は各デバイスによっても異なり、パソコンのみならず、現代人の必須アイテムとなりつつあるスマートフォンから発せられるブルーライトにも注意が必要です。

Amazonでもブルーライトメガネは大好評

総販売数10万本突破!

某ショッピングモールでもランキング第一位獲得!!パソコンやテレビ、スマートフォンなどの液晶ディスプレイにはバックライトとしてLEDが使用されていて「ブルーライト」と呼ばれる目には見えない光が発せられています。

「ブルーライト」は光のエネルギーが強いため、長時間光を見続けると眩しさを感じたり視界のチラつきにより目に疲労を感じる原因になります。

今話題の青色光(ブルーライト)カットレンズ付きメガネ!!パソコンやスマートフォン、ゲームで発生するブルーライトを軽減してくれる優れものです♪

青色光を軽減するため目の疲れを軽減します。シンプルデザインを採用しているのでスタイルを選ばずご使用いただけます。まさに万能型のパソコンメガネです。

↓     ↓     ↓     ↓

オシャレに、仕事に、パソコン、TV、ゲームにと使い方は様々です。 •カラー 10色 ブラック・ブルー・ブラウン・ピンク ベッコウ・レッド・マットブラック クリア・シルバー・ゴールドPCメガネ ブルーライト40%カットパソコン用メガネ スクエア パソコンメガネ PCグラス 黒ぶち/グロスブラック  は、少し高級なブルーライトメガネです。
高級ブルーライトメガネ

PCメガネ ブルーライト40%カットパソコン用メガネ スクエア パソコンメガネ PCグラス 黒ぶち/グロスブラック

ブルーライトの影響NHKおはよう日本

ブルーライトのニュースはNHKおはよう日本でも、特集を組まれました。

最近、ブルーライトをカットするという、メガネやフィルムを目にしたという方も多いかもしれません。
今、急速に普及しているスマートフォンや、パソコンの画面から出るブルーライトをカットするということをうたっている商品なんです。
ブルーライトといいますのは、パソコンやスマートフォンだけではなくて、通常使われている昼白色の蛍光灯や、LED電球の出す光などにも多く含まれているんです。

出典:NHKおはよう日本

先週、日本で初めて「ブルーライト」についての国際シンポジウムが開かれました。研究者や医師ら、およそ300人が参加。健康への影響について、最新の研究が報告されました。

眼科医「ブルーライトは目だけでなく、体全体に影響を与える。」照明の研究者「体に害を及ぼす可能性のあるブルーライトが周囲にあふれている。」ブルーライトは、私たちの体にどのような影響を与えるのでしょうか?

↓     ↓     ↓     ↓

★ブルーライト対策に必須の特選アイテムはこちら>>

ブルーライトの人体への影響

スマートフォンやパソコンから出る青い光「ブルーライト」。

この光が人体にどんな影響を与えるか知っていますか??

「なんとなく目が疲れそう」という認識の方も多いのではないでしょうか。

しかし目の疲れだけではなく、睡眠、肥満、鬱などさまざまな悪影響を与えることが分かっています。

出典:いしゃまち

ブルーライトは、目だけへの影響だけじゃない。

私たちがブルーライトを長時間浴びていると、メラトニンという眠気を誘うホルモンが分泌されにくくなります。そのため体内時計が狂ってしまいます。

内時計が狂うと、

睡眠障害、うつ病、肥満、ガンになりやすいことが分かってきています。

現段階では、

これらの疾患に直接結びつくと断言できるだけの医学的根拠(エビデンス)はありませんが、少なくともブルーライトの浴びすぎが、疾患のリスクを私たちに高めることは間違いありませんね。

夢ゴールイメージ・コメント大募集

目の専門家に聞くブルーライト

ブルーライトが、

私たちの目や人体に対してどのような影響を与えるのか。5月26日、眼科医や医療分野の専門家らで設立された「ブルーライト研究会」の第1回発表会が東京・大手町で開催されました。

いま、PCなどのデジタル機器が、ものすごい勢いで入ってきています。

うちのお袋は82歳なんですが、最近では、iPadとiPhoneを使いこなしているわけです。

それで「目が疲れる」って。「そりゃあ、お袋、そんなにずーっとやったら目が疲れるよ」と。

そういう時代がやってきています。うちの子ども達もずっと使っていますし、

うちの医局員たち、先生方も1日に8時間以上使っている人もいる。

特に最近は新しいLEDというものがでてきまして、こ

れが実は眼精疲労のすごく大きな原因になっています。出典:ITメディア

ブルーライトに有効なサプリメント

ブルーライトメガネだけではスッキリしない方必見! 私たちはPC・スマホ・液晶テレビ・LED照明などの電化製品から常にプルーライトの有害光線を受けております。

マキベリーにはなんとアサイーの5.4倍、ブルーベリーの14倍の有害な光に立ち向かうポリフェノールが含まれています。ミリオンではこのスーパーフルーツとも呼ばれているマキベリーを使ったサプリを新発売しました。

さらに 【クッキリン】 にはマキベリーのチカラを引き出すルテイン、ビタミンC、プロポリスを配合しており、 チュアブルタイプの美味しく携帯の便利なサプリです。

大人気!目にやさしいサプリメント

↓     ↓     ↓     ↓


・スマホユーザー

・PCネット関連の職業者

・テレビを見る時間の多いお子様、ご年配者様向け

★ブルーライト対策に必須の特選アイテムはこちら>>

目は取り替えることのできない、私たちの必須アイテム。大切にしてくださいね。これからの時代、パソコンもスマホも関係ない人などいません。

こういった、少しずつの対策をするのかしないのかが、とっても有効なのですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

明日の予定は、今夜中に決めておきましょうね!

スポンサーリンク